消費者金融業界

不況下にもかかわらず増収をあげていた消費者金融業界

90年代のバブル崩壊以降、銀行や証券会社といった金融業界は軒並み大きなダメージを受け、倒産する企業も少なくありませんでした。

代表的な銀行倒産は、長銀、北海道拓殖銀行、日債銀などで、山一証券や日産生命、第一火災海上保険といった金融業者も倒産の憂きにあったのです。また、こういった金融経済の不況によって銀行の貸し渋りも深刻化し、中小企業の倒産が相次いだものです。

このように銀行や証券会社といった金融業者や民間企業が申告な不況に喘ぐ中、消費者金融業界は過去史上最高の収益をあげていたのです。

日本全国の企業が深刻な不況下にある中で、異常ともいえる営業利益を得た大手消費者金融は、その勢いをもって1996年に東証一部上場を果たすことになります。その名は、アコム、プロミス、三洋信販、武富士といった大手金融会社です。

当時の貸付金利は、29.2%が上限として、平均して25%〜29.2%で貸し付けされていました。

今と比較すればとんでもなく高い利息ですが、当時は当たり前のように大手の消費者金融がこのような高金利で融資を行っていたのです。