貸金業規制法

貸金業登録業者

貸金業規制法が施行されて以降、消費者金融などの金銭賃借業者は営業を開始するにあたって管轄する都道府県の認可を得なければならなくなりました。

規制法によれば、「貸金業を営もうとする者は、2以上の都道府県の区域内に営業所又は事務所を設置してその事業を営もうとする場合においては、内閣総理大臣の、1の都道府県の区域内にのみ営業所又は事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあっては当該営業所又は事務所の所在地を管轄する都道府県知事の登録を受けなければならない」となっています。

具体的な登録に関する事務処理は、内閣総理大臣登録に関して各地の財務局が担当し、都道府県知事の登録については各都道府県の商工課や金融課の貸金業係が担当しています。

0

違法業者の処罰

貸金業登録をせずに無登録で営業をした場合、罰金刑、あるいは懲役刑が科せられることとなります。通常の消費者金融やローン会社は登録業者ですが、未登録で営業をしている業者は「闇金融」ということになります。

闇金融はどこからも借り入れが不能になっている多重債務者やブラック対象者などを照準を絞って、水面下で貸し付けを行っており、その際の金利は法定金利を大幅に上回っているといわれています。

金融の基礎知識